経営者の頼れる存在

ここでは顧問弁護士が企業経営に際して必要不可欠、あるいは避けて通れぬどのような法律関連の問題に対処するのか、具体例を列記する形で検証を進めて行きたいと思います。

まずは人事労務問題が見逃せず、企業の規模や歴史に関係無く発生のリスクが否めぬ労使間のトラブル、更には労働基準監督署への対応に際しての専門家からのアドバイスは非常に重要です。とりわけブラック企業云々に対する世間の注目度の高さから、前期の労使間トラブルの未然防止は経営者にとって不可欠であり、顧問弁護士との密接なコミュニケーションからの早期対処が求められます。

関連リンク
アディーレ プラス | 企業法務に強い顧問弁護士なら弁護士法人アディーレ法律事務所

また新たに起業されるに際し、あるいは急成長を見せるベンチャー企業にとっても、顧問弁護士を早い段階で確保から、専門家としての力添えを仰ぐメリットが見逃せません。とりわけ会社設立時から企業法務を含めた法律関連全般のリスクを見据えておけば、最大限のリスクマネジメントと企業から運営スタートが同時進行で叶います。また急成長中の企業には自ずと予期せぬトラブルのリスクが近寄って来てしまうのが経済社会の好まざる現実であり、片腕的存在としての顧問弁護士が担う役割も自ずと大きくなる傾向が見られます。