健全安全経営のために

顧問弁護士を雇うリスクマネジメント関連のメリットは重々理解しているが、やはり経費面の問題から費用捻出には踏み出せぬとの判断を下される経営者の方々も、現状大勢いらっしゃいます。あるいは今日インターネット上で数多く目にする、全国各地の弁護士事務所が提供する無料サービス相談をその都度活用する事で、経費節減と同時進行での自社なりのリスクマネジメントの実践を選択される方々も見られます。

勿論自社の舵を取られる経営者の最終判断である以上、それらを外部から「間違っている」と指摘する権利こそありませんが、やはり健全安全経営に於いてベストとは言い切れません。

無料相談の1番のメリットは当然、必要な場面に経費を充当せずに法律の専門家である弁護士に相談出来る点に他なりません。ですが電話口に出る担当者とは一面識も無ければ、自社に関する事前情報を一切知りません。初めての会話の中で皆さんが口頭で伝える限られた情報と現状だけを聴いた上でのアドバイスは、結果一般的な当たり障りの無いアドバイスに終始してしまっても致し方ありません。

更にこうしたサービス提供の1番の目的は当然、自身あるいは自身が属する弁護士事務所との取引開始に繋げる「弁護士側の営業活動」に他なりません。結果として相談相手も顧問弁護士契約を欲している訳ですかr、これを単なる回り道と解釈する声が存在するのも事実です。